ニンファのぱしられ屋inエルソード適当

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈落・汚染ボスでの連携・暗転・凍結について

2011–11–10 (Thu) 23:24
とりあえずツイッターで色々疑問に思ってた人がいたみたいなので軽く自分なりの考えをまとめてみたいと思います。

先に連携じゃなくて暗転の仕組みについてからですかね。

まず暗転には二種類の暗転があって、覚醒暗転と通常暗転。
覚醒暗転とは覚醒のときの暗転で、敵だけが一定時間止まり味方は止まらないというもの。
一部のSA(カラドボルグペインやワイルドチャージ)などもこの覚醒暗転に含まれますね。

通常暗転ってのは自分が便宜上つけてるだけなのであれですが、味方も敵も止まる暗転のこと。
一部のモンスターは速度が20を越えている状態なので味方よりも先に動くことが多々あります。
汚染ヘルとかしてたらブレードさんが暗転で止めたと思ったら先に動いてて死んだ、とか体験したことがある人は結構いると思います。

さて、そうすると覚醒暗転はどうでもいいのですが、通常暗転の味方を止めるというのがデメリット。
確かに強い攻撃ではあるものの、他の味方も一緒にスキルとか攻撃できたら理想ですよね。
そこで今回紹介するのが暗転キャンセルになります。
暗転キャンセルといっても自分の攻撃と同時にスキルを撃つ、あの暗転キャンセルではありません。
「味方を」暗転キャンセルしてあげるというものになります。

敵を殴ってたら突然暗転に巻き込まれたけど、なぜか動けてる、とかそういうことがありますよね。
それは暗転キャンセルがかかっているからになります。
自分が暗転キャンセルをするとスキルの発生が早くなるという特徴がありますが、今回の暗転キャンセルとは暗転の最中にダメージを発生させることで動ける状態になります。
CNであればメタルダストオーラ、EMだったらブレイズステップ、WSならアイレリンナがわかりやすいですね。
暗転キャンセルは「ノックバック」ではなくて「ダメージ」を与えることが重要になるので、ダストオーラやリンナでも発生します。リンナは「味方にプラスダメージを与える」という効果と認識してもらえればOKです。
ただしリンナはWS本人に効果はあっても味方は速度アップ分しか効果にしかなりえないので、リンナがあるからって全員に暗転キャンセルがかかるわけじゃないです。

そしてこの暗転キャンセルを狙ってやるには勿論色々空気を読んだり見てから行動しないと無理だったりしますが、狙ってやったりもできるわけですね。
狙いやすい方法はHIT数が短い時間で多い技を出すこと。
CNのハッハーイケーやCEPのXXZ、レナのシーズX、アイシャのZZ8ZZやVPのXX4X、BMのXXZZであったりRFのDJXだったり。
こういうHIT数が多い技を味方がなんかスキルを打つ時に出しておくことで暗転がかからず動けるようになったりします。
この知識があることで奈落の骨竜に対して色々変わると思うのでそれに関しては後述しますが、暗転キャンセルについては覚えていていいと思います。

また、暗転の拘束時間についても書いておこうと思います。
暗転の拘束時間は技にもよって勿論変わりますが範囲によっても変わってます。
バフなんかをもらうときに若干範囲外だったから、「やばい急がないと入れない!だけど動けない・・・とおもったらなんか先に動けてぎりぎり間に合った!」なんていう体験はないでしょうか。
狩においては暗転の範囲は3つあります。
①100%の時間拘束する ②50%の時間拘束する ③まったく拘束しない
この3パターンの範囲になります。
大体自キャラを中心として6キャラ分ぐらい?アクセラレーターの円に重なるぐらいが②になります。円から2キャラ離れたら③になります。こんな感じ。
豆知識には近いですが、これを利用することである程度暗転に巻き込まれても動けるのが早くなる位置で戦えるというのは便利なことなのでした。

暗転の最大の罠は、同じタイミングでスキルを打つと味方の拘束時間は2スキル分かかるのに、敵にはなぜか後に打ったと判定されるスキル分の拘束時間しかかからないこと。
グングニルを打った後に拘束時間のすごい短いスキルを打つとグングニルが落ちてくる前にワンチャン動いてくるレベルかもしれないです。

この暗転のシステムを知ることで次の凍結の知識への前準備になったかなと思います。

凍結とはGAのフリージングアロー・EMのブリザードシャワーの二つのスキルの特殊効果になります。
凍結にかかると一定時間行動が出来ない状態になります。攻撃を当てようが何をしようが動けない。
しかし凍結にはひとつだけクセがあります。

それはスパアマ状態に当てないと殴った瞬間内部の凍結タイマーが進んじゃうこと。
凍結の最中は暗転とかで時間を止めると凍結タイマーも止まるのですが、殴ってしまうと何をしようと凍結タイマーが進んでしまうようです。昔は違ったんだけどね(´・ω・`)
そんなわけで基本的に凍結を入れるときはスパアマ状態の敵に入れることになります。
ただしスパアマ状態の敵に凍結を入れたからといってPTMが4人が4人そろって敵の近くでスキル連打してたら味方はイライラするし、敵は味方より早く動けるというシステムなのでスキルうとうとしたときにはすでに動いていた。
なんてこともありえます。

そこで出てくるのが上記の暗転キャンセルであり、暗転範囲③の拘束されない範囲になります。
CNなどであれば凍結している最中味方がいくらスキルを打っていてもダストオーラがあれば動けるわけですね。
そうすると味方がスキルを打ちまくっている間にハッハーイケーなんかを連発できるわけです。
とはいってもこれが使えるのは一部の敵だけになりますが。骨竜とか。

メインは暗転範囲③、拘束されない範囲。こちらになります。
タイプHなんかがこれの対象ですかね。
氷を付けた後にシャワーしてスキル回しをして殺します。PTに入ったらこんなことを言われたことがある人もいると思います。そして「何それ食べれるの?」みたいな状態になったこともある人がいると思います。
こういうときは暗転に巻き込まれない範囲から走りこんでスキルをぶっぱなしたりするのがパターンになります。
まぁ中には4人全員一箇所でスキル連打したりとかもありますが。

後は特殊な事例として凍結の最中にバインディングサークルをするとバインドの分だけ凍結時間が延びますが、バインドの拘束時間は暗転時間も含まれてしまうので、バインドの切れる寸前にスキルを打つと凍結タイマーが進んでいってしまうようです。なのでバインドが切れる寸前にスキルを打つのではなくて、バインドをした瞬間、もしくは切れた後を狙いましょう。シャワー→バインディングサークルなどはお勧めされないのはこれが理由になります。

さて、これまでの暗転と凍結の仕組みを踏まえて奈落と汚染の連携について。
まずは奈落編。
ココでまず考えたいことは、EM/GA・CN/WSはいるかどうか
になると思います。
EMとGAを同じにした理由はEMであればどうせシャワーからスキルまわしてぶっ殺せるから。
GAであればFAからグングニルまで打って殺せるから。

CNとWSは暗転キャンセルが任意で狙えるから。

どちらにしろどのキャラがいるにしても最初はブレス誘発が安定行動。
誰か一人でも左のお立ち台付近にいれば大体がおーってブレスはいてきてくれます。
来てくれないこともあります。ただ普通にやるよりは打って来てくれます。

骨竜が白煙を出し始めたらブレスを出すまでの間に避ける準備をします。
レナだったらあいつが体を乗り出した瞬間バックステップショット。
レイヴンだったら右のお立ち台の右からお立ち台に向かって左にダッシュ。
ラシェならHS。
アイシャはお立ち台の左でMP貯め。
イヴは大体誘発させに行っているとは思いますが、どちらにしろ骨竜の上でふよふよ。
エルスはスキン使ってもいいし普通にお立ち台の左にいてもOK。どうせスキンとかはいらんけど。

この際に絶対にやっちゃいけないのは暗転行動。
首を伸ばしている最中(火を噴いている最中)が一番食らい判定が広く、なおかつ伸ばす前にやっちゃうとどこで攻撃判定が来るのか・止まるのかわからなくなってしまうため。
火を吐き始めたらスキルを使い始めます。

そしてこの吐いてる最中には多分PTM全員スキル連打すると思います。
EM・GAがいたら基本的にそちらのスキルを優先で打って貰っていいと思います。
CN・WSはこのときに暗転キャンセルをしつつ氷をつけることを優先。自分のスキルとか二の次ですよ。
他のキャラは必死に暗転キャンセルを狙いつつ殴ってもいいし、スキルを打ってもいいと思います。
一応CEPであればオべロンガードをおいておくことで一定時間ごとに暗転キャンセルかかったりするのも豆知識になるので覚えておくといいかもしれない。

基本的にはPTの構成がなんであれ暗転キャンセルを狙いつつってのが基本行動だと思います。
まぁ廃火力の方であればまた別だとは思いますが、廃火力でもやることはあんまりかわらないんじゃないかなって思います。

イヴがいたら氷を付けた後、覚醒でイヴを巻き込まないように骨竜だけを止めて暗転に巻き込まない範囲からDLGを打って貰ってスキル連打で骨竜を止めたりとかもやったりしますが、そこまでしてイヴを使う理由はないです。
だって暗転キャンセルが任意で狙えるキャラなんだから(CNもCEPも)そんな理由はない。
GAとかEMぐらいじゃないですかねスキルを優先的に打たせてあげるキャラは。
ラシェのアケルダマも強いよ!とかって言って来る人もいると思いますが、SGであればランブルショットもあるし、どちらにしろDZZとかで暗転キャン狙えたりするキャラなんだから頑張ってくださいってのが俺の考えになります。

なので、俺が考える骨竜の動き方をまとめるとこんな感じ。

メインアタッカーがメインスキルを打つタイミングを作るために他のキャラは必死に氷を付ける。そしてメインスキルが直撃しやすいように行動する。
こんな感じになっちゃいますね。

まぁ細かく言っても「俺はこう考えるからしらんわ」とかいう人もいると思うので奈落はこの辺で。

次は汚染編に移ろうと思います。

上でも少し書きましたが、タイプH相手の殺し方は凍結があるならスキル回し。いなければ順番にスキルを打ってストブレ発動させてまたスキルを打つ、という感じになります。

多分前述の方法のほうが最近はメジャーになってきてると思います。それが汚染でのEM贔屓につながっているわけだとは思いますがw
私的にはGA・VP・イヴ2が理想系だとは思ってますけどそれはまた別のお話。

まず誰かに氷を2~3つけてもらいます。このときに他の人が一緒に殴ったりするとダウン値リセットコンボをしている場合もあるので基本的に一人に任せます。
そして氷がついたらダウンさせてEM以外は距離をとる。
このときEM/GAであれば未覚醒状態になっているのが理想。
タイプHの走ってくるモーションを覚醒で一旦時間を止めてそこからシャワーなりFAなりを打ちたいからです。
EMはシャワーを打ったらとりあえずMPPOTを飲んでフレアストームを打ちましょう。そうしたほうが味方の合図になりやすいので。

GAであったらGAと一緒に未覚醒状態の人が一人近距離で付いているのが理想系。FA→覚醒→スキルとすることで次のFAまでのクールが稼げます。なおかつGAがこの際に右の段差上に離脱することで暗転に巻き込まれないようにしたりも出来るため。

スキルを打つ人が打ったら次に打つ人が左側から走りこんでスキルをぶっぱ。別にタイプHの近くまで走りこんで覚醒→スキルでもいいですが、ワンターンで殺しきれる火力があるなら左側で覚醒して走りこんでスキルのほうがいいと思います。
ここで走りこむタイミングは味方のスキルのカットインが見えた瞬間ぐらいでいいです。
早く行き過ぎても巻き込まれるし、遅く行くと敵の暗転拘束時間が切れることもあるため。
大体カットインを目処にすれば良いと思います。

このときに注意したいのは「暗転で拘束する時間が長い技を打つ」になります。
BMのブラッディエクセルなんかは非常に理想の技になったりもするのが恐ろしいところ。

ここでもスキルの暗転キャンセルを狙っていくといい感じかもしれないです。
フレアストームなんかは演出の最中多段HITなのでフレアストームの終わり際に長い暗転技を重ねるとアイシャはかなり自由に動けるようになっていい感じになります。
お勧めのスキルをキャラ別に並べると
LK:ダブルスラッシュ RS:ストームブレイド
アイシャ:フレアストーム
レナ:エアロトルネード
BM:ブラッディエクセル RF:ニュークリア
CN:ジャンクブレイク CEP:アドレナフィストorリッパー
FG:ペインorフューリー SG:コメクラorSS?
SGについてはちょっとよくわからないのではてなで。

このスキルになると思います。

自分は説明が得意ではないので、長文を書いていてわかりにくいれすぅって人はコメントであったり、PTとかで一緒してくれればある程度フォローできると思うのでその辺よろしくです。
また、何かここはおかしくね?っていうのがあったらその点についてもよろしくお願いします。
スポンサーサイト

上手い人に寄生していくにあたって

2011–09–14 (Wed) 23:12
やっぱり最初はどうしても上手い人に寄生していかないと上手くなれないと思います。
見て盗む、わからないところは聞く、などの行為は当たり前ですがそれだけではやはり足りない部分がある。
寄生しまくっている俺が普段気をつけている点を書いていきます。

そんな普通にプレイしていたら気づかない点を今回はリストアップしていってみましょう。

①スキルの暗転範囲はちゃんと把握できているか
②覚醒管理はできているか
③ダメージ計算をしているか
④スキルのCT管理はできているか

今回はこの4つに関して書いてみようかと思います。

まず①の暗転範囲について
これについては深く考えなくていいとは思います。
暗転スキルを使う際に、味方を巻き込んでいるか、敵を巻き込んでいるか、この二つだけになるわけですし。
一番NGなのはやはり味方を巻き込んで敵を巻き込んでいない暗転。
これが最悪ですよねやはり。
暗転が短いスキルであっても長いスキルであっても、敵だけが動くというのは非常に危険なので絶対にしてはいけない暗転。

味方・敵を両方とも巻き込んだ暗転。
これは大体の暗転がこれになると思います。
この暗転の際にも美味しい小ネタというのがあります。
それが暗転キャンセルをしてあげる、というものです。

暗転キャンセルの仕組み的にダメージを与えていれば絶対に発生するものなので

アイシャ:フレアストーム
イヴ:フレアストームの終わり際にアクセラレータ

これをするとアイシャは普段フレアストームの後硬直が長く危険な時間が生まれますが、アクセラの暗転時間がアイシャの動ける時間に変わり危険を減らしたりできます。


これが敵・味方を巻き込んだ暗転の際に気をつけるといい暗転になります

最後は敵を巻き込み、味方は巻き込まない暗転になります。
ウノーハウンドやヴィクターなんかが敵が大きくてわかりやすいですね。

自分  敵   味方

このような構図になっている状態で
敵だけを巻き込む暗転範囲でスキルを打っていきます。
ただし味方と自分が同時に暗転を打っていくとどうしても動けてしまう時間が発生してしまうので少しずらします
自分の暗転 ■■■■□□□□□■■■■■
味方の暗転 □□□■■■■■■■■□□□
こういう風に味方の暗転が終わる際にスキルを使っていくと安全に倒せたりすることもあります。
これに関しては使えるボスがどうしても少なくはなりますが、覚えていて絶対に損することではありませんので必修テクニックですね。

暗転範囲で言うと今回は真ん中の赤文字でかいた部分が一番自分が意識しているところになります。これがあるとないとじゃいろんな部分で変わってきますので。

②の覚醒管理って?
読んで文字のごとく、覚醒管理になります。
エルソードというゲームは覚醒というものが非常に強いシステムです。
覚醒をすることで常時威力が1.2倍になり、スキルの性能が変わったりします。

もちろんボスで覚醒をしてスキルを打つことが一番重要なのですが、ボスだけでしか覚醒ができず、3玉残したまま道中をクリアしているという人が非常に多いです。

自分のスキルがどれだけ覚醒が増えるのか、道中の敵で未覚醒では倒せないけれど覚醒してスキルを打ったら倒せたりしないのか、覚醒があまっていたりしないのか。

軽く考えてみてもこんな感じに覚醒関連だけで出ますね。
覚醒をすることで威力が上がるのはもちろんスキルの性能が変わるのがやはり一番でかいですよね。

レナのレールスティンガー・VPのプラズマカッターなんかが代表的な道中スキルになります。
レールスティンガーはノートが入っていても4匹までしかHITしませんが、覚醒で無制限貫通。
プラズマカッターは未覚醒では一本しか出ないレーザーが5本に増えて範囲が増加(ダメージは一本あたりは減少しています)

このスキルなどを使うときに、もし覚醒していたら当たる敵・倒せる敵というのが普段行くダンジョンにはいませんか?
そのときに覚醒してちゃんと打てていますか?
これが覚醒管理になります。

ただし道中だけに意識を向けていて、ボスで覚醒ができない、というのは本末転倒なのでボスにはちゃんと覚醒を残しておきましょう。

③ダメージ計算は実は簡単!
一見難しそうなダメージ計算ですが案外簡単だったりします。
これは普段プレイしていてそれなりに意識していることかもしれませんね。

この人のこのスキルでここの敵は倒せるから次の敵がいるところに行こう。
なんてのがダメージ計算になるわけですから。

逆もまた然りで、自分のこのスキルならここは倒せるから他の人には次のところの敵を倒してもらう。
というのもダメージ計算になるわけです。

これに関しては敵を倒しきれるのであれば何も問題がないのですが、倒しきれないときが難しいんですね。
秘密ダンジョンなんかに行ってしまうと300スキルをがんがん使って行きたいのでできれば使わなくていいところは使いたくないというのが現実。

そうすると他の人のスキルのダメージを覚えて、この人のスキルだとここはこれだけHPが残る。じゃぁそのHP削れる分だけのスキルはどれかな?
みたいな風にスキルを選択して使っていきましょう。
それが100スキル・200スキル・300スキルでもどれでもいいですが、その場面で適切なスキルを使っていけるようになりたいですね。

敵がエンチャントがいるから100スキルじゃ終わらないから200スキルに、魔法防御などのエンチャだから300スキルじゃないと終わらない。
そんな風に敵の観察・味方のダメージの把握、やっていけるようになりたいところです。

④味方のCTなんてわからないよパパン
これに関しては慣れ、になってしまいますよね。4人もいたらどの人がどこでどのスキルを使っているか。
なんてわからないと思います。

コツを簡単に書くとすれば
味方の300スキルだけに集中する。200スキルなんかはクールタイムが短いわけですから、長い300スキルだけに意識を集中させればいいわけです。
味方のスキルが発動していたら自分のスキルのクールタイムを見ていく。

これぐらいしかやはりないでしょうね。
同職であったりしたらわかりやすいのですが、あまりPTでは組めないですからね。
自分は現状これに関しては誤差3秒ぐらいまでは他人のCTを管理できるようになってます。
慣れればもっと誤差なくいけるのかもしれませんが、これくらいの誤差までは慣れればいけるわけです。

これが上記のダメージ計算なんかにもつながりますので必修のテクニックですね。
俺UMEEEEEがしたかったり、味方に感謝されたりする一番の部分のテクニックだと思います。

以上がエルソードで寄生をするにあたって気をつけていくといい4つの点になります。
他にももしかしたらこれ気をつけたらいいよ!とかあるのかもしれませんが自分はこれぐらいですね気をつけているのは。
この4つを意識しているだけで相当立ち回りが変わってくると思いますのでぜひ意識してみてください。
自分がどういう風に他の人から見られているかは知らないからこれが正解かはわかりませんが(´・ω・`)

イヴのダウン値リセットコンボ(CN&CEP編)

2011–09–12 (Mon) 08:20
というわけで配信でかくわーかくわーといって早一日がたちました
ということで書いていきましょう。

その前にダウン値リセットコンボとは何かという所から入りましょう。
めんどくさい人は後ろのほうにコンボ書いてあるからそれみてね。

技にはダウン値というのが設定されていて、それが一定値までたまると敵がダウン状態になる
それがダウン値というものになります。

例を出して言うならば、ソロでダンジョンに入った際には敵のダウン値は20.1
ここでなんで0.1という端数を出しているかというと便宜上の問題になります。
というのもダウン値が20ちょうどの状態でとめてもダウンせず、かといって21だとダウンする
ダウン値が0といわれているものを当てるとダウンしないけれど、次の一発だとダウンする

もっとわかりやすく言うならばダウン値20+1Hitで強制ダウンになります
わかりにくいっていう人がいたらコメントでもしてください

CN・CEPともにDZはダウン値が1になりますので
20回DZを当ててもダウンしないですが、その次の技で大体ダウンします。

これがダウン値といわれているものになります。

本来であればそこでダウンしてしまい、ダメージが半減前後してしまうわけですがダウン値リセットコンボがあれば蓄積したダウン値が20たまっていても0からスタートに戻せます

ここだけみると非常に便利なのですがダウン値を0に戻すのは3つの条件のどれか一つを満たしていないといけません。

①強制ダウンする技を当ててから拾いなおす
エルスやレイヴンがよくやっているダウン値リセットコンボはこれに該当します。
基本的に大体のキャラはJXが強制ダウンになりますので、当てたら敵はダウンしたことになりダウン値が0に戻ります。
しかし空中などで強制ダウンさせ、地上でダウンモーションに入る前に当てればダウンモーションに入らせることなくコンボ継続することができます。
エルスであればXXZ>JX>Z等、レイヴンであればZZXX>JX>Z等が一番簡単で有名なところですね

これのメリットは非常に簡単であるということ。難しいダウン値計算なども必要なく難しいコンボをする必要もない。ただ慣れれば誰でもできます。
デメリットに関しては打ち上げるという動作がどうしても必要になってしまうこと。
ソロ狩であれば他の人がいないからいいですが、PT狩だとやはり邪魔・邪険に扱われてしまいます。

これが打ちあげからの強制ダウン技当てて拾いなおすダウン値リセットコンボ

②ダウン値が20.1になる際に同時のタイミングで2Hitする技を当てる
正直これに関しては非常にシビアであるというかできるキャラが少ないといわざるを得ません
簡単に狙えるキャラとしては、アイシャ・レナの2キャラになるでしょうか。
アイシャのサークルフレイム密着当て・レナのバックステップショットを2本同時に当てるなどになりますがバクステってそもそもダウン値なくね・・・?20蓄積させた後ならダウンするかなもしかして
みたいなこれくらい非常にあいまいな感じになってます。
昔の修正が入る前のMEBであれば同時HITだったので非常に簡単だったりしたらしいです。
例外としてはCN(CE)のクイーンズスローン中のJZ・DJZなどでしょうか
これは追加攻撃が2Hit同時に出るので勝手になります。
それゆえにCN使いであればスローン中のDJZループは必修といってもいいでしょう。特にスローンが好きな人は。

まぁこのダウン値リセットに関してはあんまりお勧めしない感じになります。俺があんまり狙わないだけでもあるけど。

③ダウン値20.1のタイミングで打ち上げ技を当てる
これがCN・CEPであれば一番狙えるダウン値リセットになりますね。
というよりこれ以外まともに狙えることがない。
そんなレベルだと思ってます。
イヴにはDZ・DJZというつなぎに優秀でなおかつダウン値調整がしやすい技があるので狙いやすいということになります。
というわけで今回は基本的にこの③についての説明をさせてもらいます。

実際どんなコンボをすればいいのか
実際細かい仕様はいいからコンボ教えろよくそがって方がいらっしゃると思いますので書いていきましょう。

<CN編>
・ZZZ2Z>ZZZ2Z>JZ(DZZ)>ZZZ2ZZ>拾いなおし
これで勝手になります。
CEでもできちゃう簡単お手軽コンボ。DPSもそれほど悪くもなくミスる要素はほとんどないでしょう。

・ZZZ2Z>DZZ>ZZZ2Z>ZZZ>DX
これでもなっちゃいます。
どの技がどんなダウン値なのかは実測していただかないと多分覚えられないと思うので省略しますが。
自分が対タイプHによくやるのはこれになります。

ZZZ2ZZでの打ち上げは壁際であるとノックバックが特殊になる、というよりも敵の背面に打ち上げ部分の判定が出てしまうので自分の裏側に落ちてしまいます。
イヴの攻撃判定として拾えなくはないのですが非常にシビア、ということでタイプHにはDXで打ち上げからの拾いを多用しています。
もし拾えてもタイプHの背面判定のせいでコンボできないよーって人もいますしね。

この↑の二つに関してはソロでのダウン値に対してのコンボになってしまいますのでPTではもちろん使えません。

そして4人PTで汚染ヘルなどは行くことが多くなると思いますので4人PTではこのコンボ!ってのを書いておきます。

ZZZ2Z*3>DZZ>DZ>ZZZ2Z>DX
めちゃくちゃお手軽かつ簡単。氷つけたい、もしくは氷持ってるのが自分以外いない、という場合はぜひ狙っていきたいところ。
氷が3ないし2ついたとかでFAやシャワーからスキル回しで殺したい、とかであればDXZやJXで強制ダウン状態にして態勢を整えるということもできます。

タイプHへのコンボが安定しないとかっていう人にはぜひ習得していただきたいところ。
まぁもっとすばやくできるのもあるんですけどミスったときに目も当てられなくなるのでほとんどミスることがないこれを推奨しています。

<CEP編>
自分がPTしていて身内にCEP自体は結構いるのですが、CEPをしているとやはりスキルが重点的な立ち回りになってしまうのでコンボ面はまったく知らないって言う人のほうが多いです。っていうか誰もコンボ知らないけど。

そんなCEP使いの人に簡単なリセットコンボを紹介していきましょう

ソロ編
・ZZZ>DJZX>ZZZ>DZZ>ZZZ2ZZ
これで地上にぺったり落ちてきて大ひるみ状態でくるので非常に安心
タイプHに対して全キャラ中トップクラスに安定するコンボでしょう。
何よりホストじゃないときのすり抜け現象が移動しないから起きないのがでかい。
といってもソロだからおきないんですけどね。

CEPはこのZZZ2ZZが非常にリセコンする際に優秀なので使ってます。

じゃぁ肝心の4人PT編としてはこんな感じだった気がします。割とうろ覚え。

・(ZZZ>DZZ)*3>ZZZ>DJZX>ZZZ2ZZ
であっていたはず?
最近CEPで汚染行ったりしないからうろ覚えになりますけどこれであってるはずです。
できねーよばーやばーやって場合はそれもまたコメントでお願いします。

とりあえずこんな感じでダウン値リセットコンボについては終了となります。
わからなかったら配信でもコメントでもいいから聞いてね☆ミ

CNの決闘

2011–08–26 (Fri) 01:13
エルソードをしていない件について(´・ω・`)

なんかCNスレが結構決闘の流れになってて俺も色々考えるところがあったのでまとめておくかな程度

基本コンボ
ZZZ>DXZ>DXZ>MEB>DZX>DXZ>DXZ>MEB>DZX>DZ

ZZZ>DXZ>DXZ>DXZ>DZX>DXZ>DXZ>DXZ>DZX>DXZ>DXZ>MEB>DZ

これくらいしかしてない気がする
平地じゃなかったらDZZしてDXZで浮かべてMEB拾いとかできたり若干運べば平地コンができる場合とかで若干変える程度

一応↑のコンボでも+7ドラゴで4~5割は削れるから使ってます
人の立ち回りによって変わってくると思いますが、上のコンボは一回のコンボを重くして覚醒アトミックブラスターからMEBで殺すっていう感じの立ち回り向け
下のコンボはMPが相手がMPダウンしなければ200たまるのでその後スクラップスでぶっとばしたい人向けなのかな

キャラによってDXのノックバックが色々違うのでそこは慣れるしかないんですよねぇ

使っているスキル
Aスロ アクセラ スピア ブラスター MEB
Bスロ ヘルマナ ダスト スクラップス MEB

ってなっています
スキルに関しては今でも悩んでいるのですがこれがタイマンだと一番自分はやりやすい感じですね
DL・ホーネットスティングもMax振りしてますが入れるスペースがない(´・ω・`)

装備は現状は+7ドラゴ(3水) ドラゴ5 荒ぶる急襲(MEB+1)になってます
クリ70 覚醒チャージ30ぐらい

Dランクのころからずっと一般にこもってて現状負け越しが70回位
ダスト修正・スピア修正が来る前は負け越し200回くらいだったので最近勝率がいい感じ

やっぱイヴ同キャラがぜんぜんなくなったので苦手キャラのイヴが一つ減ったから楽になったのかな
まだラシェというかFGについては強いって人がタイマンだと見たことがないので脅威ではない感じ
某スレとかで言われるほどCNは弱くないとは思うけどどうなんでしょうねぇ

決闘については31戦ガチとかをやってくれる人をまだまだ募集中です
改変が来るまでにBランクになれるのかなぁ(´・ω・`)
テーマ→ELSWORD / ジャンル→オンラインゲーム

そういえば

2011–07–19 (Tue) 17:47
自己紹介っぽいのしてなかったですね

イヴキチCN使いのニンファっていいます
普段はLivetubeでニンファの~みたいな感じで配信させてもらっています
このブログでは配信で扱ったお話の追記やニコニコに投稿した動画などについての解説をしてます

基本的に地雷な動きしてるんで参考になるかどうかはしらんですけどまぁ見てくれる人がいたらありがたいです
テーマ→ELSWORD / ジャンル→オンラインゲーム

 | HOME |  次へ »

プロフィール

ねこかん

Author:ねこかん
今はエルソードプレイをしている通称ニンファのブログ
メインCN サブCEPのイヴキチの攻略情報になるんでしょうか
Livetubeでの配信もよろしくどうぞ

http://twitter.com/#!/Nyanpoko0119
配信通知用ツイッターになります

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

エルソードブログランキング

なんとなく登録してきてみました よかったらぽちってあげてね
ELSWORD・攻略ブログ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

かうんたー

アクセスカウンターらしいよ

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。